アイフルの審査基準まとめ

大手消費者金融である消費者金融アイフルからお金を借りるという場合には、審査を通過する必要があります。審査基準については、公にはされていませんが、貸付対象者の条件としては、申込時の年齢が満20歳以上69歳以下までであり、安定的な収入があるということ、アイフルの審査基準を満たしているという人ということがあります。
では、実際にアイフルの審査基準とはどのようなものであるのかは、推測の域を出ませんが、まず、信用情報機関の登録情報に債務整理や長期延滞などの金融事故情報が登録されていないということが挙げられます。これらの情報が登録されているという場合には、返済能力がないと判断されてしまう可能性があります。
そして、アイフルは貸金業者ですので、貸金業法が適用されます。その為、年収の3分の1以上の貸付をすることが出来ないという総量規制の対象となります。つまり、他の貸金業者から既に年収の3分の1程度の金額を借りているという場合には、アイフルの審査を通過することは出来ません。
さらに、申込時に意図的に嘘をついたという場合も審査を通過することは難しいでしょう。嘘をついたとしても、すぐにバレてしまいます。お金を貸す以上、申込者が信用することが出来るかどうかが重要になりますが、申込時に嘘をつくような人を信用するということは無理があります。その為、申込時に故意に嘘をついたと思われる場合には、審査を通過することは出来ないでしょう。